注文住宅の購入は、人生最大の買い物になるという人は少数ではありません。こちらでは、注文住宅の費用面についてと、資金計画の立て方をご紹介していきます。将来、注文住宅の費用について困ることがないように、ぜひ参考にして失敗を回避しましょう。

注文住宅の費用

注文住宅であれもこれもと希望を追加していくと、最終的に支払いが大きくなって住宅ローンを返済するときに苦労することがあります。ここで紹介するのは、注文住宅の費用に関することです。余裕をもって支払いが続けられるように、是非参考にして、予算の設定や支払いの計画を立てていきましょう。

気を付けるべき注文住宅を建築するときのお金のトラブル

注文住宅では複数回に亘って決済が生じる

注文住宅は、自由な施工が行える反面、建築に要する費用を複数回決済する必要が生じるものです。完成した住宅の購入を行う分譲住宅とは違い、注文住宅では工事の進行度合いに応じて決済をする必要が生じます。住宅を購入するメーカーによる違いはありますが、最低でも2回に亘る決済が必要となります。イメージ通りの住宅を建てられる注文住宅ではありますが、購入を考える際には、入念な資金計画が必要となるのです。金融機関によっては、住宅が完成するまでのつなぎ融資を行うところもあります。購入に充てられる資金が乏しい場合には、つなぎ融資を組合わせたローンの活用を検討するのも良いでしょう。多くの住宅メーカーでは、事前に受けられる無料カウンセリングが開催されています。注文住宅を建てる際には、前もって相談を行ってみましょう。

注文住宅購入時に必要となる決済

注文住宅を購入する際には、土地と建物に対して、それぞれ別な形での決済が必要となります。家を建てたいエリアを見つけた場合には、土地の購入を検討するものでしょう。土地を購入する際には、手付時と成約時の、2回に亘る決済が生じます。建物の場合には、着工に入る際の着手金や完成代金の支払い以外に、中間金を支払う必要があります。土地と建物を含めると、合計で5回にも亘る決済が必要となるのです。土地と建物、それぞれにつなぎ融資を活用する必要が生じてくるのです。金融機関によっては、ローンのシミュレーションを行えるところもあります。つなぎ融資を含めた形での、購入代金の計算を行うことが可能です。注文住宅を建てることを決めた際には、事前に資金面の相談を行っておいた方が良いでしょう。

資金計画のポイント

注文住宅を購入する際は、目先のことだけでなく、将来を見据えた資金計画を立てることが重要です。長い付き合いになる住宅ローンの支払いに困ることがないように、無理のない資金プランを考えていきましょう。ここでは、資金計画のポイントをピックアップして紹介するので、ぜひ読んでみてくださいね。