毎月安心して支払える?毎月の返済可能額を要確認

無難に返済を続けるためのポイント

注文住宅を一括購入できる人はまったく問題ありませんが、住宅ローンを利用する場合は毎月の支払いが発生します。住宅ローンの利用計画で重要なのは、無理をしないこと、そして甘えすぎないことです。無理をして毎月の返済額を増やせば、より早くゴールが見えてきますが、無理をずっと続けるのは困難です。収支は月によってバラつきがあるのが普通で、お金に余裕のある月もあれば、ない月もあるでしょう。無理をした返済計画では、いずれ行き詰まってしまう可能性があります。逆にむやみに返済期間を伸ばしすぎると、利息が膨らむという弊害が発生します。それゆえ注文住宅の資金計画を立てるときは、無理をするのも甘えすぎるのも避けるべきです。

返済可能額と頭金をよく詰めていく

注文住宅の購入に住宅ローンを活用する人は、返済可能額と頭金を明確に決めておきましょう。返済可能額とは今現在において支払える金額ではなく、完済までを通して無理なく支払える金額です。将来的に給料が下がることが予想されるならば、それを考えに入れたうえで返済可能額を算出してください。

頭金に関してはできるだけ用意したほうがあとあと楽です。頭金を増やせば増やすほど、毎月の負担を軽減できるからです。頭金がゼロだとフルローンを組むことになるので、利息が大きくなってしまいます。毎月の返済を減らすためには、注文住宅の予算を下げる方法も役立ちます。例えば予算を300万円下げれば、その分だけ借りる金額が少なくなって毎月の負担は軽くなるわけです。

新築一戸建てを建てるならどんな家にしたいですか。解放感ある平屋のお家、秘密基地のような二階があるお家、家族の形だけ違った家があり夢があります。