住宅ローンは金利に目を向けてみよう

金利はトータルで考えてみる

住宅ローンを借りる際に「金利」はとても大切な要素の一つです。それには固定金利と変動金利の二つがありますが、金利が変動することに不安がある人は、固定金利で借りたほうが安心して返済していけます。固定金利では金利が変動しないため、返済の計算もしやすいのが特徴です。一方で変動金利の場合には金利の上下があります。しかし、金利が低い状態であれば支払利息が少ないため、固定金利より有利になる場合もあるのです。

ですがどちらの金利であっても、住宅ローンは数十年間にわたり返済するものです。金利がわずか1パーセントの違いであっても、総返済額が大きく変わることがあります。1か月や1年単位ではあまり実感はないかもしれません。しかしトータルで計算してみると、1パーセントの金利の差に驚かされることもあるのです。

金利と同様に大切な「返済方法」

次に金利と同様に大切なこととして「返済方法」があります。これも金利と同様に二つの方法があり、一つ目は「元利均等返済」という方法で、もう一つは「元金均等返済」という方法です。両者の違いはいくつかありますが、元利均等返済のほうが初期の返済額が低いために、返済が厳しい場合には、楽になるというメリットが有ります。逆に元利均等のデメリットは、トータルで考えると元金均等返済よりも返済額が大きくなるという事があるのです。逆に元金均等返済は、初期の返済額が元利均等より大きくなるというデメリットがありますが、元金の返済額が元利均等よりも大きいために、利息の支払いも少なくて済むのです。その為に返済総額が元利均等よりも小さくなるというメリットが有るのが特徴です。

分譲住宅は土地と住宅がセットで売られているため、様々な手続きの手間が省ける上、早く入居できます。また、注文住宅より費用が安く済むこともメリットです。